2008年8月アーカイブ

0830-1.jpg

マグ夫(以下マ♂)「ま、マグ子さん...ですよね?」

マグ子(以下マ♀)「そうよ。いつも貴方の方がモデルになることが多いから

            たまには私も目立たないと」

 

0830-2.jpg      

       マ♂ 「ええ、目立ちます。眩しい位です」

       マ♀ 「私だってこういうの掛けたいときがあるのよ」

 

 

0830-3.jpg 

      マ♂ 「でもアメリカ村辺りだったら逆に普通のメガネかもしれないですね」

       マ♀ 「TPOに応じてこういうメガネも使い分けられたら

           楽しいわね」

           

 

 

 

0826-ok.jpg

マグ夫(以下マ♂)「カラーコーディネイト?」

マグ子(以下マ♀)「何が言いたいかというと

            形は同じでも色によって全く印象が違うということ」

 

       マ♂ 「そうですね。おんなじメガネだけど

           ずいぶん違いますね」

       マ♀ 「他にも色の組み合わせというのもあるわね。

           お客様の肌や髪、服の色などにあわせる

           めがねの『色』にも注目してみてはいかがでしょうか」

0825-1.jpg

マグ夫(以下マ♂)「今日はお出かけやお仕事のお供にピッタリのメガネを

            ご紹介します」

0825-2.jpg

マグ子(以下マ♀)「その名も『スライト2(SLIGHT2)』。

            綺麗な小型のフレームで

            折りたためばこれくらいになっちゃいます」

0825-3.jpg       

        マ♂ 「携帯に便利ですので

            お近く用のメガネとしてカバンに入れておく等

            色々な使い道が考えられますね」

             

0823.jpg

マグ夫(以下マ♂)「...耳の...写真?」

マグ子(以下マ♀)「もーっと寄ってみると...」

 

0823-1.jpg      

       マ♂ 「あ、もしかして補聴器?」

       マ♀ 「正解。こんなに小さい形のもあるのよ」

 

       マ♂ 「近づいても分かりにくい位ですね」

       マ♀ 「補聴器を試してみたいけど

           掛けているのが目立つのがちょっと...というご婦人の方に

           オススメです」

 

0821-2.jpg

0821-1.jpg

 マグ夫(以下マ♂)「む、そのフクロウさんは?」

マグ子(以下マ♀)「これは首掛け用ルーペよ。

            細かいものを見たりするときは勿論のこと

            アクセサリーとしてもお洒落よ」

 

       マ♂ 「他にもいろんな兄弟がいるみたいなので

            気になる方は一度ご覧になられてはいかがでしょうか」 

0819.jpg

マグ夫(以下マ♂)「うちの曾ばあちゃんの事なんですが...」

マグ子(以下マ♀)「どしたの?」

 

       マ♂ 「90歳を超える長寿だったんですが

           どうしても耳が遠く、補聴器を付けてみたんです。

           ところがやっぱりうるさいと言ってすぐ外してしまって

           結局付けなくなってしまったんですよ」

       マ♀ 「慣れていないからどうしても付けてて煩わしいし

           ご高齢だったら実際に聞こえている音だけども

           いきなり大きな音が入ってきたと思ってしまって

           そうなってしまいがちね」

 

       マ♂ 「やっぱりご高齢の方は慣れないものなんでしょうか?」

       マ♀ 「ううん、そんなことはないわよ。

           確かに若い人よりは慣れにくい部分はあるけど

           すこしずつ慣らしていってもらえれば使えると思う。

           でも一番大事なのはご本人様の「付けよう!」という気持ちね」

 

       マ♂ 「聞こえないという事は、皆様が思っている以上に不便なことです。

           自分は勿論、周りの人も苦労します。

           大げさではなく聞こえることによって人生が変わりますので          

           聞こえにくくなったと感じる方は一度試されてみてはいかがでしょうか」

DSCF0015.jpg

マグ夫(以下マ♂)「漫画とかアニメとかで

            メガネをクイっと中指であげる仕草がありますよね」

マグ子(以下マ♀)「ちょっと悪めな感じの知的な人がよくやるわね」

 

       マ♂ 「ああいうのに私はちょっと憧れちゃうんですよねー」

       マ♀ 「確かにちょっとカッコイイけど実際にやってる人がいたら

           それはただ単にメガネの形が合ってなくて

           ずり落ちてきてるだけだから」

 

       マ♂ 「そういえばそうですよね。

           しょっちゅうクイクイ上げないといけないのも不快ですよね」

       マ♀ 「メガネのフィッティングには様々な要素があって

           鼻パットの位置、先セルの曲がり方、テンプルの形状等々

           とても大事なことなの。

           いくらメガネが良くてもこれが駄目だと全部台無しになっちゃうから」

 

       マ♂ 「と、いうわけで皆さんもずり落ちてくるとか

           逆にきつくて痛いとかございましたらすぐにお店の方までお立ち寄り下さい」

 

        

       

         

0810.jpg

マグ夫(以下マ♂)「あ、あれれ?」

マグ子(以下マ♀)「どしたの?」

 

       マ♂ 「いや、テンプルのところが固くなっちゃって

           なかなかたためないんですよ」

       マ♀ 「あららら。もしかしたらネジのところに埃やゴミが噛んじゃってるのかも。

           というかあんまり無理やりたたむとフレームが痛むし

           最悪折れるわよ」

 

       マ♂ 「どうしましょう...」

       マ♀ 「この季節はとくに湿気が多いからそうなりがちね。

           とにかくこんな時はまずお店に持っていって緩めてもらう。

           それでなくてもテンプル部分は緩めのほうがいいから

           固くなってきたら注意しようね」

 

       マ♂ 「わかりました。早速行ってきます」

 

0803.jpg

0803-1.jpg

マグ夫(以下マ♂)「これ掛け安くていいですねー」

マグ子(以下マ♀)「フーガ(fu-ga)のフレームね。

            なんとフレーム重量が約2グラム。ピンポン玉1個位」

 

        マ♂ 「うわ!それは軽いですね」

        マ♀ 「ちょっと掛けただけではわかりにくいけど

            ずーーーっと掛けてると違いが顕著にでてくるわね」

 

        マ♂ 「掛けててラクですってことですね」

        マ♀ 「そ。一度これにしたら他のフレームが全部重く感じるっていう

            副作用もあるけどね(笑)」

 

        マ♂ 「メガネの快適性を求める方にオススメです」