2009年2月アーカイブ

マグ夫(以下マ♂)「プラスチックレンズはガラスに比べ軽く、割れにくい

            といった特徴がありますが

            逆にキズが付きやすく、熱に弱いといった弱点があります」

マグ子(以下マ♀)「それを少しでも解消しようと

            セイコーさんから最強のプラスチックレンズ

            『オーガテック』というレンズがでております」

          06_28_02b.jpg            

         マ♂「上図を見てもらえば分かるとおり

            従来のレンズでは表面のマルチコートと下のレンズ生地ハードコート層との

            素材が違う為、熱が加わりますと膨張率の違いから

            表面のひび割れ(クラック)やコートはがれがおこりやすくなります」

        

        マ♀ 「真夏の車内に放置したり、お風呂、サウナ、

            等に掛けたまま入ると一回でこうなっちゃうこともあるわ」

 

06_28_02c.jpg         

        マ♂ 「ところがSEIKOオーガテックでは

            上にあるとおり表面のコートとレンズ素材が同じ伸縮性のため

            コート剥がれが起きない仕組みになっております」

        マ♀ 「勿論ほかにもキズに強い、紫外線カット、汚れにくい、割れにくいと

            レンズを永く快適に使いたい人にはもってこいのレンズね」

 

        マ♂ 「タタラメガネイチオシのオーガテック。

            いかがでしょうか?」

            

           

   

                             

0213.jpg            

マグ夫(以下マ♂)「今日のブログのタイトルは

            今回私の友達に掛けてもらっている

            『Masaki・Matsushima』(マサキ・マツシマ)

            のキャッチコピーです」

マグ子(以下マ♀)「確かにすごく面白いデザインよね。

            テーマは個性を追求するデザインの追及だって」

 

        マ♂ 「このデザイナーさんはメガネだけではなくて

            舞台衣装、空間演出等メガネ以外にもお仕事をされてるらしく

            他のメガネブランドとはまた一風違った感じですよね」

        マ♀ 「普通のメガネでは満足できない方には

             このメガネこそが運命のメガネになるかも」    

       

 

0208.jpg

マグ夫(以下マ♂) 「メガネケースの主な目的は勿論眼鏡を保護することですが

             せっかくお気に入りの眼鏡を入れるんですから

             やっぱりあまりにも質素だと寂しい感じがしますよね」

マグ子(以下マ♀) 「カバンからスッと出したときにも他の人の目に触れるから

             やっぱりオシャレで綺麗なものにしたいわ」

 

        マ♂ 「と、いうわけで今回こういうケースを入荷いたしました」

        マ♀ 「布地で綺麗な和柄のメガネケースね。

            これだったらお出かけのときにも十二分に使えるし

            作りもしっかりしてるから安心よね」

 

        マ♂ 「他にも色々なケースを置いておりますので

            ご来店の際には是非一度ご覧下さい」

 

節分03.PNG

マグ夫(以下マ♂)「今日は家に帰って豆をぶつけられる

            お父さん方も多いんではないでしょうか」

マグ子(以下マ♀)「こういうのは大体男の人が鬼役よね。

            お母さんにたのむと怒られそうだしね(笑)」

 

        マ♂「流石に『レンズ付き鬼のお面』などはないので

           メガネにはあんまり関係の無い話題ですけどね」

        マ♀「強いて言えば、豆で傷つくかもしれないから

           鬼役の人はメガネを外した方がいいかも」

 

        マ♂「豆をぶつける方もぶつけられる方も

           楽しく逃げて、楽しく逃げて、楽しくたべましょう」

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ